おわぁ、寝てるだけです 本館探さないでくなさい/ブログ主 鈴木薫の他に間借人の文章「tatarskiyの部屋」シリーズも掲載しています

by kaoruSZ

tatarskiyの部屋(4) 「女も反省しましょう」は抑圧への加担である

@mitoko_dij: どんなに暴力的なコンテンツを消費していようと構わないと思う。ただ、そこに自分(や、自分が保護すべき存在?)が描写されているということに恐怖するひとの声は「聞くべき」だと思う。その恐怖は一笑に付していいものではない。「楽しんで何が悪い?」は、そういう人達に向けて返す言葉ではない。: posted at 22:41:02

@amezaiku: RT>この辺の問題は私はもう「消費するのも、それを批判するのも、批判を笑うのも、笑うのを批判するのも、それを更に批判するのも全部大々的にそれぞれが同じ土台でやるべき」ってのに落ち着いた。だって現状は私みたいなのは「批判される、笑うな」以外の選択肢は与えられていないから。

posted at 22:41:18

@amezaiku: 私もちょっと前まで「批判には皆が皆真摯に答えるべき」とか思っていて、その理由が「それを唱えていけば自分のこの苦痛の訴えを受け入れてもらえるから」ってのだったんだけど、実際はそうじゃないんだよね。何故なら「批判する・批判を笑う・笑って許される」が与えられているのは男のみ

posted at 22:41:34


**********

上のRTを発端にまたろくでもないものを複数目撃してしまいはらわたが煮えた件について。とりあえず@mitoko_dijは“被害者様”に気を使う前にそういう貞淑ぶった自己アピールがあなたと同じ「女」として分類されてしまう多くの女性に対する理不尽な抑圧への加担であることくらい自覚しろ。

もう何度も言っているが、表現やセクシュアリティについての問題を現実の絶対的に非対称な“男女”の権力関係を無視して抽象的な「加害性」だの「暴力」だの「責任」だのという罪悪感を煽る単語を無批判に使うな。ぶっちゃけ「女も反省しましょう」という悪質な妄言に加担するなよ馬鹿が。

前にも書いたがこういう実に“貞淑”で頭の足りない輩が漠然と抱いている“罪悪感”とやらは、制度的なヘテロ男性のメンタリティから派生する性欲=対象の搾取=暴力という図式を鵜呑みにしているにすぎない。http://kaorusz.exblog.jp/18345164/ http://kaorusz.exblog.jp/17808135/ http://twilog.org/tatarskiy1/month-1202/2

だいたい男の性的ファンタジーが女性に対して暴力になりうるのは、それが単なるファンタジーではなく現実に権力を持つからで、だから男は生身の女性に対して「お前は俺の幻想する女より劣っている。俺の幻想の女を見習え。それが出来ないお前に価値など無い」という圧力=権力を日々行使できる。

で、こうした男と女の権力関係の絶対的な「上下」の図式の“逆バージョン”なんて存在するわけがないことくらい猿にでもわからなければ困る。いつ男が“女の幻想した男イメージ”を内面化して自己卑下することが“当然の現実”として男を抑圧したか?「女に本物の男は描けない」としか思われてないよ。

セクシャリティ関連に限った話ではないが、男は「俺が不愉快だ」と思うことを“女ごときに”言われたところで、その場で恫喝して黙らせることくらい造作も無い。「女の分際で俺が不愉快な男を描きおって」と怒鳴れば大抵の女の子は萎縮して謝るよ。貴方はヘテロだろうとゲイだろうと権力者なんだから。

で、それを後でツイッターとかで「女に/腐女子にセクハラされた」とか鬼の首でも取ったように吹聴して回れば「そんな女と一緒だと思われたらどうしよう」と気を回した貞淑な女共が「女が男性に暴力を振るうのだってよくないと思う。私はそんなことしません!」と率先して内部粛清に走ってくれるしね。

逆に、“女ごときの戯言”が男性様方の間にこれほどの恐慌を引き起こさせるような支配力を持つとお思いですかね?「女に睨まれたらもう同性の間にも居場所が無くなっちゃう!どうしよう!」みたいなことになるんですか?馬鹿馬鹿しいにも程がありますね。男の発言こそが“権力者のご託宣”なんですよ。

要は「俺が特定の女に俺が不愉快なことを言われたから」といって、「女だって男を差別できるんだ!セクハラだ!反省しろ!」とまくし立てるような男は、ゲイでもヘテロでも女を罵倒する口実を得てはしゃいでいるミソジニストにすぎないのであって、こうした男におもねって“対話”するのは有害である。

余談になるが、私自身の個人的な趣味が「一般には“同性愛者”と分類されるような事実の無いまま生涯を送った男性作家(ホフマンとかトールキンとかブラム・ストーカーのドラキュラとか)」が書いた耽美的でホモセクシャルな小説の愛読なのもあって、「現実のゲイ」と「BL」という図式は感じが悪い。

私の好きになった作品には皆「男の描いた美しい男や男同士の関係」が出てきていた。それを女性が描いてはいけない如何なる理由もありはしないと思う。“男同士”という表象をめぐる文化的なファンタジーは“ゲイ”のものではなくそれを愛好する人全てに開かれたものであり、所有者など存在しないのだ。
[PR]
by kaoruSZ | 2012-05-25 18:41 | 批評 | Comments(0)