おわぁ、寝てるだけです 本館探さないでくなさい/ブログ主 鈴木薫の他に間借人の文章「tatarskiyの部屋」シリーズも掲載しています

by kaoruSZ

そういうこと、わからないのね

 鳴原あきら「幻の“ままの”朱い実〜石井桃子の自伝的【カムアウト】
 小説を読みとく〜」 
(女性学年報 vol.23  オルタテナィブ)


 高名な児童文学者が八十を越えて上梓した、〈自伝的〉と呼ばれる小説に「カムアウト」の名を冠すること、それは作者が夭折した友人と分かち合った青春の形見である作品に対する、挑発的と見なされうる行為でしょう。鳴原あきらはなぜあえてそんなことをするのか。それは、そうでなければ、名指されぬままの女同士の関係は、ここでもまた、異性との恋愛に至る前段階として見過ごされかねない—— 一般読者によってのみならず、鳴原さんがこの小説を読んでもらいたいと熱望する読者、すなわち、愛する女性と共に生きようとする女性たちによってさえ——からにほかなりません。

「恋愛かと見まごう友情」という言葉を批評家から誘い出しもする、石井桃子著『幻の朱い実』。そこに描かれているのが、しかし、〈本当に恋愛である〉とはけっして思われないのはなぜか。そう問いかけることによって鳴原さんは、「構成と結末は褒めることができない」が、明[はる]子と蕗子という二人の若い女性の友情を描いた前半は「それを補って余りある」という読売文学賞の選評をはじめとする、この作品への評価が「幻の“ままに”」しつづけているものを明らかにします。

 小説の褒められなかった「結末」とは、次のようなものです。今は年老いた明子は、新宿御苑で見つけた貧弱な烏瓜の実を前に、亡き友・蕗子の家の門口になだれ落ちていた烏瓜について、「こんなものじゃない」、「見せたかった、そういうものも、この世の中にあるんだってこと」と自分の娘に向かってかきくどく(鳴原さんが指摘するように、この時の娘の反応が異様です)。なるほど、これでは「褒めることはできない」でしょう。いや、そもそも選者たちにはこのやりとりが理解できず、「パパや私たちのことも忘れないで」という娘の呟きなど、読まなかったことにしてやり過ごしてしまったに違いありません。

 この小説を読んで、夫を看取り、仲のよい娘のいる、七十を越えた老婦人が、夭折した友人になぜそれほど執着するのかと、本気でいぶかしむ人たちがいる——たぶんその方が多数派である——ことに、鳴原さんの論を読むうち、私ははじめて気づきました。蕗子が巻頭、門の烏瓜を指して言うとおり、「あの美しさが見えない人には見えない」のですね。滝のようになだれる烏瓜の実の豊かさと、朝の体操の時間、見学する蕗子の目前でほどけ、波うつ明子の髪——「あそこの先生たち、そういうことわからないのね」。女学生時代の明子の髪について、蕗子が笑みを浮べてそう断言するくだりを読みながら、なぜ人は、なおも「先生たち」に倣うことをやめないのでしょう。行間に潜むもの——まして、フィクションの背後にある〈事実〉——などではなく、まぎれもなくそこに書かれてある言葉へと、鳴原さんの平明にして犀利な分析は私たちの目をひらかせてくれます。  

                                             (初出「LOUD NEWS」 2002)
[PR]
by kaoruSZ | 2004-09-22 15:03 |  (性、フェミニズム)