おわぁ、寝てるだけです 本館探さないでくなさい/ブログ主 鈴木薫の他に間借人の文章「tatarskiyの部屋」シリーズも掲載しています

by kaoruSZ

恣意的な線引きに抗して

 ここ数日、ウェブ上で、なぜ上野千鶴子支援ばかりが盛り上がるのか、大学の中でだけ学問の自由が守られればいいのかといった趣旨の書きこみを見るようになった。それはそうだが、しかし、フェミ業界と一般女性というふうに、そう簡単に線引きはできない。フェミ業界といっても、難解な理論を弄ぶ(これもたんなるイメージに過ぎないが)のとはまた違う、フェミニズムの問題意識を学生たちに共有させるという困難な実践をして、成果をあげている人もいる。至極当然のことながら、いろいろなところで、いろいろな人が、自分にできることを迷いつつやっているわけで、それを一言でくくってはしまえない。そうした何人かの顔を直接知っているだけにそう思う。

 上野さん自身については、「私はバイリンガル」と称して、ジェンダーフリーなどという言葉を使わなくても運動の現場では男女平等で伝わるじゃないか、というふうに、妙な線引きをしたがるのが気になる。現場でジェンダーとかジェンダーフリーという言葉を有意義に使っている人、あるいは、大学の外にもジェンダーという言葉によってものを考えている人がいることを想定していないのではないかと疑いたくなる。

 野原燐氏が、今回の抗議文は、過去の石原都政との問題に一切触れていないが、それらの事件の一例として今回の上野氏問題があるのだという把握が必要である、と批判的に書いているが、まさにそのとおりだ。そして実は今回の抗議文は、確かに表面的には今回の事件しか問題にしていないが、母体となったML自体は、それ以前からの石原都政(都政に限るわけではない)を問題にし、今動かなければという危機感を抱いた人々がいたからこそはじまったものである。(そのことは、新たに抗議文サイトに加わった文章の中で、「ある動き」という言葉で言いあらわされてもいる。)**

「ジェンダー業界総力を挙げての(?)今回の抗議文」とも野原さんは書いているが、それは買いかぶりというもの(もともと?がついてるか……) 。ML上で口を出すのは、どちらかというとマージナルな人たち(私自身も含め)だった。専門家はあんまり……だったと思う。(見直す元気もないけれど。)職業的には専門家でも、専門家としてではなく、個人的なこだわり(「こだわり」の誤用だけど使う)のある人が書いてきたようにも思う。(まあ、本気で論争したら収拾がつかなくなるし、そんな必要もないから控えたということもあるだろうし、私自身、ああいうものは紋切型でいいと考えており、その枠内で意見を言おうとした。)その代り、専門家はこぞって賛同メールを送ってきた。それも本文が完全には定まらないうちに。上野さん支援なら間違いないっていうことか。上野ブランド買いっ!てところ?

 とはいえ、今回上野さんに支援が集中したのは、大学関係者ほどの力も持たない女たちが、自分の代りに石原に一矢報いてくれないかと、こぞって署名したからでもあろう。私が個人的に送った署名呼びかけのメールにただちに反応して署名したと知らせてくれたのは(私自身もまだしていなかったのに!)、また、自分でもブログで呼びかけてくれたのは、そういう、所属先も持たず、組織にも属していない人たちだった。彼女たちは上野さんに投票した気持ちだったと思う。上野さんには今後ますます期待を担って活動してもらわなくてはならないだろう。***
 
 今、東京新聞の記事を見たら、若桑教授をはじめとするジェンダー研究者が署名 と書いてあった。個人的にはやっぱり問題だな、これ。新聞記事的にはわかりやすいので、別にいいけれど。

【2月8日、以下の註の大部分を新たに書き 、リンクを張る】

2004年12月16日 東大ジェンダーコロキアム 報告 ジェンダーフリー概念」から見えてくる女性学・行政・女性運動の関係 参照

ここで上野氏は、男女混合名簿の意義を訴えた現場の教師に次のように答えている。

上野:男女混合名簿が現実を変えるかどうかについては、私は大学の教員として男女混合名簿を経験しておりますが、男女混合名簿と大学の性差別が何の関係もない、ということを実感しておりますので、そう申し上げたんですが、小中学校の現場では混合名簿が違う働きをしているということですね。実際それは現場では死活問題なのだというようなことですが、私がこれまでお会いしてきた男女混合名簿推進者の女性教員の方から、今のような形で明確なご返答をいただいたことがありませんでした。だからサンプルが悪かったと言われればそうかもしれません。あるいは私の視野が狭かった、ということでしょうか。

 この人はいつもこの調子、この図式なのか。男女混合名簿が問題になるのは大学なんかでじゃないということを、人に言われるまでわからない?(別の問題についてだが、考えてみればわかることじゃない、と対談相手の浅田彰に言われたものわかりの悪さが、ここでも大いに発揮されている)。

「サンプルが悪かったと言われればそうかもしれません」……。かつて、東大五月祭で行われた「ゲイ・スタディーズ meets フェミニズム」と題したシンポジウムで、過去の著作の中で同性愛者を差別していると聴衆に批判された上野氏は、同性愛者としてはミソジニックな三島、美輪、高橋睦郎しか知らなかったと(つまりサンプルが悪かったのだと)弁解し、レズビアンについては、掛札さん(『レズビアンである、ということ』の著者、掛札悠子)との対話で理解したと述べた。

 掛札氏がその著書の中で「自然」という言葉を使っていることを(レズビアンを自然なものとして受け入れてほしい、という文脈で)、上野氏が、この人にして自然という言葉を使ってしまうのかと批判していたことを、私は覚えていた。(しかし掛札氏は、「自然」という言葉を日常語、つまり自然言語として使っている。読み返してみると、その言葉は最後の最後、「あとがき」にようやくあらわれる。そこまで粘り強い緻密な思考を積み重ねてきた掛札氏が、最後にふっと力を抜き、ため息のように洩らした言葉、異性愛が「自然なもの」だとマジョリティが言うのと同断だなどとは読者はまず思わないであろう箇所で発せられている言葉だったのだ。しかし、専門用語と日常語のバイリンガルだと称する上野氏はそれを読ま(め)ず、ただただ「自然」という語を「言葉狩り」する、専門用語のモノリンガルとして反応していた……。

 しかし、「対話」によってそのあたりの誤解も解けたのだろう。聴衆のひとりだった私は、そんなふうに受け取ったと思う。
「サンプル」が掛札さん一人というのも問題にすべきかもしれなかったし(数の問題ではないと思うので私はそれには同調しないが)、演者としてステージの上にいるのが、男性のゲイとヘテロセクシュアルの女性だけでレズビアンがいないのはどういうわけかという質問も出た。同性愛者差別の記述を批判した女性は、上野さんの弁解に最後まで納得しなかった。
 全体として、その日上野さんから私が受けた印象は、「やっぱり長年やってきた人はすごみがある」であった。もうだいぶ前になるので記憶も薄れたが、それは特に、ゲイ男性はミソジニーに陥らずにフェミニズムと一緒にやれるのか、という意味の発言から来たものだったように思う。(現在ではこのシンポジウムの記録、単行本で読めるはず。)ひとことで言って、上野さんの著作よりも本人の方が良い印象であった(ほめ言葉にはならないと思うが)。

 それからしばらくして、偶然、掛札さんと短時間同席する機会があった(それ以前に、モニック・ウィティッグの小説『レズビアンの身体』の邦訳を私が持っていると聞き知った掛札さんから、人を介して貸してほしいという申し込みがあり、貸してあげたことはあったが、直接会ったのはこの時だけ)。くだんのシンポジウムの内容をまとめたワープロ原稿をその日私は持ってきており、掛札さんにそれを見せた。読みはじめた掛札さんは、「掛札さんとの対話で云々」のところで顔をあげた。私は上野さんと対話していませんよ。上野さんとは、○○体育間のトイレで挨拶しただけです。大まじめな顔で掛札さんは言った。

 インフォーマントから情報を得てはじめて理解するのだという、サンプルが悪ければ想像力が働かないままらしい上野氏は、また、著書を読むことを「対話」と称するらしい。

 いや、比喩としてそう言うことはかまわない(私自身はしないけれど)。しかし、会場であれを聞いて、上野さんが掛札さんと直接話したのだと思わなかった人はまずいなかったろうし、「自然」の一件についても、私のように、直談することで掛札さんとある種の共通の了解に達したと思うのが「自然」だろう。
 
 その「自然」という言葉を自分はどこで書いていたのかと呟いて、掛札さんがその場に一冊あった『レズビアンである、ということ』を懸命にめくりはじめたので、私は唖然としてその姿を見守った。結局掛札さんには見つけられなかったので、今度は私が本を手に取り、「自然」の二文字を求めてページを繰った。
 けれども、前述のとおりそれはあとがきにあったので、本文だけを探した私たちはついに見つけられなかった。

★「自然」の一件については、ここでも触れた。

** 野原氏のサイト 彎曲していく日常
野原さんが書きかけだった私の記事を読んで追記をされているのに今日気づいた。

>野原さん、コメントしに行くと黒猫さんのところに書いたままになっていました。この記事は、もともと野原さんへのコメントとして書きはじめられたのが形を変えたものです。根津さんのこと(だけが問題ではなかったのですが、ここまでのあいだにまったく言及していなかったので)について、とりあえず以下に。

 数年前、ある大学院生から根津公子さんへの支援を求められ(根津さんの件は、授業で従軍慰安婦及び同性愛を扱い、学習指導要領にないことを教えたと校長に咎め立てされたのがそもそものはじまりだと聞いている)、都教育長への抗議をメールで送り、また、各自が抗議文を送ってほしいとの依頼を今回と同じように知り合いに流して以来、根津さんの闘いは承知している(十分な支援をしてきたとは言わないが)。今回の、上野さんのために署名した人と根津さんのために何らかの働きかけをした人がどのくらい重なるかはわからないが、根津公子の名が、今回署名にかかわっている人たちにまったく馴染みのないものだとは思えないこと、今回の抗議サイトに明記された、対抗すべき「ある動き」の中には、日の丸君が代の強制が間違いなく入っていることを言っておきたい。

***つい紋切型に筆が流れた。どう見てもここ、それほど本気で書いていない。
[PR]
by kaoruSZ | 2006-01-30 17:25 | ジェンダー/セクシュアリティ | Comments(0)