おわぁ、寝てるだけです 本館探さないでくなさい/ブログ主 鈴木薫の他に間借人の文章「tatarskiyの部屋」シリーズも掲載しています

by kaoruSZ

カテゴリ:密やかな教育( 2 )

『密やかな教育』をめぐって(2-1)

私の翻訳したサドの『悪徳の栄え』が発禁処分を受けて、裁判になったとき、法廷に出てきた証人のひとり(婦人矯風会のおばさんであった)が、「芸術的な裸婦なら結構なのでございますけれども、ヌード的な裸体は困るのでございます」と言ったので、私は思わず吹き出してしまったことがあった。
                                         ――澁澤龍彦


あるものは中国の史料の成立の事情や記録の意味も知らないで、倭人や倭国に触れた断片的な文句をひねり回し、もともと含まれていもしない情報をそこに読み取ろうとする。
                                         ――岡田英弘


**********************

8月15日の拙エントリにコメントをつけられた『密やかな教育』の著者石田美紀さんへ

まずは一件についてのみ申し上げます。

なぜ、註11の正確な引用をせず、下に再掲(青字)するような表現をなさったのでしょう?
誤読に基づいて私がものを言っているという印象をサイト来訪者に与えるような操作はお慎み下さい。

>註11には、特攻隊志願もできただろう、という解釈を、三島由紀夫研究者のベアタ クビャク ホチの論文がのべていると記述しています。

「特攻隊志願もできただろう」は他人の「解釈」で、それを紹介しただけだとおっしゃるのですね。
では、石田さん自身は、特攻隊志願ができた、できない、どちらだとお思いになっている(いた)のですか?
できないと思いながらそういう解釈を紹介したというのは理解に苦しみます。
上記コメントの通りなら、できたと思っていた、しかも、その解釈が常識に反するという――そのままでは読者が変に思うであろうという――ことさえ、認識していなかったということになります。

実際に註11に書かれているのは、「三島は自発的に戦争を生き抜いた」というホチの「解釈」であり、その前提/理由となるのが、「特攻隊志願もできただろう」[に、しなかった]と石田さんがコメント欄で表現された部分です。
(なお、ホチ氏の論文が実際にどのように書かれているかは、筆者は未読のため確認していません。)

石田さん、もう一度、御自分の手でコメント欄に、今度は正確に、御自身のお書きになった註の文章を引用して下さいませんか?
その上で、“その註を書いた著者”は、“平岡公威――健康上の理由から皇軍兵士になれなかった一民間人――の特攻隊志願が現実にありえたかどうか”について、どう認識していると読み取れるかを、コメントして頂きたく存じます。

******************************

 澁澤龍彦だの三島由紀夫だのをめぐる言説は、本書の中でいったいどのような位置にあるのか? 鈴木は枝葉末節のあらさがしをしているのであり、本書の中心的な論旨はそんなことではびくともしないという、ゆえなき確信ないし悪質なプロパガンダを防ぐためにも、二つの書評を引くことで上の問いの答えを示しておきます(強調は引用者によるもの)。なお、どちらの書評も全文をウェブ上で読めます。

三島(由紀夫)の死以降、『男が男の体で政治を語る』姿勢が奇妙奇天烈(きてれつ)な振る舞いとなってしまった」という著者の指摘は、とても重要だろう。一九七〇年あたりを境にして、男性が男性身体を表立って賛美することは少なくなり、かわりに「男性同士の性愛物語」を女性が表現しはじめた。(三浦しをん「無視できないジャンル」読売新聞2009年2月2日)

60年代以降の男性知識人・文化人らによる「男性の身体の露出を通じて政治を語る」実践が、三島由紀夫の自死によって衰退を余儀なくされた後、そこで培われた美学と教養の体系に慣れ親しんだ女性たちによって、「男性身体の美と官能」を愛でる男同士の性愛物語が形作られてゆき、竹宮恵子の少女マンガ『風と木の詩』の連載開始(1976年)、そして雑誌『JUNE』の創刊(1978年)を重要なきっかけとして、80年代以降の本格的な商業的ジャンルとしての<やおい・BLの成立と普及に至る。(鷲谷 花「女性がつくり楽しむ男性同士の性愛物語」の成り立ちをめぐるめっぽう面白い<女子ども>文化論。」)


 本書で著者の主張する物語=歴史の成立には、三島由紀夫の切腹を(なぜか)分岐点とする変化が前提とされています。“それ以前”の代表とされた三島自身や、澁澤が三度責任編集を務めた雑誌『血と薔薇』が、第三章「ヨーロッパ、男性身体、戦後」において“解釈”されているのはそのためであり、上記書評で太字にしたのはそれに触れた部分です。『密やかな教育』をめぐって第1回(8月15日付エントリ)で私が行なったのは、その“解釈”がいかに事実誤認の上に成り立っているかの、ほんの一斑を示すことでした。
 
 それにしても、才能ある二人の女性が揃いもそろって、著者の議論をこうも丸呑み・丸写し、そして絶賛している光景はただごとではありません。三浦しをんは上記書評を、《女性による女性のための「男性同士の性愛物語」は、もっと作品本位の正当な批評がなされるべき質と歴史を持っているし、いずれは性別に関係なく作者や読者が広がるだろう可能性を秘めている。社会と文化と人間を考えるうえでも、無視したり見下したりしていいジャンルでは決してない。本書のように鋭く誠実な研究が、今後ますます増えることを心から願う。》と結んでいて、そこからも、また「無視できないジャンル」という表題からも、『密やかな教育』をなぜ擁護したいかという意図は理解できます。

 私自身は、本当に「作品本位」と考えるなら、「女性による女性のための」という限定も、ましてジャンルBLという割り付けなどさらに不要と考えますので(むしろジャンル外に語るべき対象を見つけることになるでしょう)、三浦に同感であるとはとても言えないのですが、ウェブ評論誌「コーラ」連載の最新から二番目の拙稿で言及したような、堺市立図書館事件や日本記号学会の事件で顕在化した、「見下した」、あるいは偏見に満ちた扱い、また「過激な性描写のあるホモ小説を女が読んでいる」といった低劣な煽りには抗議したいので、いわば「お前ら、馬鹿にするなよ」と言っている、その姿勢には共感を持ちます。ああした扱いに対抗するという点でも、「鋭く誠実な研究」は、「心から願」われていたものと言えるでしょう。

 しかし、だからと言って、何も『密やかな教育』をベタ褒めすることはないでしょう。ものには限度というものがあります。政治的、フェミ的に目的が正しければ、“作品[評論作品]本位の正当な批評”はいらないとでもいうのでしょうか。本書は確かに、〈やおい・ボーイズラブ〉(と本書で総称されているもの)はなにも昨今急に現われてきたわけのわからないものではなく、先行の文学や映画を取り込んでの、女性の表現者による前史があったと主張することで、その存在に正当=正統性を与えるという意図に基づいて書かれています。しかし、政治的に正しい、良き意図に基づくからといって、“データ捏造”(捏造の意図すらないにしても)をしたのでは信用を失うだけです。本人ばかりでなく、やおいの、フェミニズムの、ジェンダー論の、また仲間ぼめに群らがる人たちの信用をも。最後のは自業自得ですが、より問題なのは、本書が批判をまぬかれたまま、たとえ狭い世界において、また相対的に短い期間ではあっても、権威として通用し、信用のおけない言説を再生産し、健全な議論や研究の妨げになる(無責任な書評も手伝ってすでにそれは起こっています)ことです。

『血と薔薇』関連の話に戻るなら、澁澤、三島等(さしあたっての対象のみ挙げます)に関する記述について、著者本人には、捏造どころか、見当外れなことを書いたという意識すらないようです。考えてみれば当然で、見当外れと理解することすらも、知識なしではできません。

 知らないことをバカにしようというのではもとよりありません。しかし、過去の文化の断片を、著者の恣意的な物語を補強する材料として利用して、実証的な研究とするのはどう考えてもおかしい。私は何も特別な知識を持っているわけではなく、強いて言えば澁澤、種村、タルホ等の読者であるため、著者の議論のとんでもなさが一目でわかってしまいますが、そういう人間は他にもいくらでもいます。実を言えば、さほど知識はなくても、センスさえあれば、具体的な反論はできないとしても、これは違うとわかるものです(澁澤は晩年、自分は新鮮な良い魚の見分けが一目でつく魚屋のようなものだという意味のことを言っていたと思いますが、そういったセンスです)。そういうことがわかる者の目に触れることすら予想しないでこういう本を出してしまう、そのこと自体が驚きです。さらに言えば、別に澁澤や種村でなくても、この本に名前の出てくる他の作家なり、マンガ家なり、映画監督なりでもいいのですが、著者は何かが本当に好きということがないのでしょうか。もし自分にとってこれだけは譲れないというものがあるとしたら、それ以外の作家についても、こんな〈愛〉のない扱いはしないと思うのですが。

 私は別に「著者個人」を攻撃したいわけではありません。もし著者が私の友人で、出版前の原稿を見せられたとしたら、ほとんどページ毎に付箋を貼ってアドヴァイスを書き込むことでしょう。しかし、残念ながら著者は私の友人ではなく、誰も助言する者のないまま(ということなんでしょう)本書は世に出てしまい、「京都大学博士(人間・環境学)」で「新潟大学人文学部准教授」である人物の書いた、権威ある研究として流通しています。もしこれを学生が書いたのなら、よくここまで調べたと感心し、その上で思い違いを指摘することになるでしょうが、本当に学生クラスが書いたのであれば、当然のことながらウェブで批判したりはしません。どうやら著者は、間違いを指摘されたところで、それがどの程度恥ずかしいことかわからないようです。そりゃ、周囲が誰も知らない(あるいは、間違いとわかっていても、〈愛〉――作品と作者に対する――を知らないから、あるいはお互い様だからと思っているので見て見ぬふりをして言わない、どころか褒める)のなら、知らなくてもいっこうに恥ずかしくはないでしょう。狭い世界で認められさえすればいいという退廃がそこまで進んでいるのでしょうか。(「論にもならない論を論と言い張っても、誰も恥ずかしいからやめたらと言わないどころか無闇と持ち上げ、それってどうよ、と関係者に尋ねると、浮き世のあれやこれやでと説明される情けない業界ではあるのだが(たぶんまた例によって例のごとき、ちまい利権のやったりとったりに伴う仲間褒めが精読と評価より幅を利かせているためだろう)」(強調は引用者)とは、「日本SF業界」についての佐藤亜紀の言葉ですが、必要な訂正を加えれば、“あかでみずむ”もこんな感じなんでしょうか?)

 事実誤認という控えめな語を最初の回で使ったのは、本書のコンセプトには今の段階ではなるべく踏み込むまいと思ったからでもあるのですが、ここで一つだけ先取りして述べておくことにします。本書は啓蒙の書と言えましょう。啓蒙とは、言うまでもなく無知を追い払い、正しいふるまいを他人に真似させようとするもので、基本的に人を安心させるものです。たとえば、前述の日本記号学会サイトに載った、無知を丸出しにした恥知らずな(無知ではなく、知ったかぶりが恥なのです)文章の書き手を絶句させるようなものはこの本にはありません。それどころか、彼は喜んで啓蒙され、自分が理解できる領域が拡大し、確実に知識をふやしえたと信じることでしょう。

 リタ・フェルスキの "Uses of Literature"に、イプセンの『ヘッダ・ガブラー』についてのこんな記述があります。

私が大人になった頃、フェミニズムは、女性は男性と本質的に違うという主張――女性的な育てる力、ケアの倫理、女の道徳的優越性へのふんだんな言及によって増幅された――に結びついていた。イプセンは私たちに、こうした、「女性に同一化した女性」の反対物を与えてくれる。傲岸で、優しくなく、あからさまに自己中心的であり、何であれ女性的なものにかかわることからはぞっとして身を引く女主人公である。今、注目すべきと思われるのは、イプセンが、政治から道徳を切り離し、女性の好ましさや善良さは女たちの自由への要求の正当性に何の関係もないとした、大胆さである。イプセンの女主人公は、フェミニズムと同じものにはならず、女であることが意味するものを理想化し限定しようとするフェミニズムの傾向に対する予見的な解釈を提出している。

 本書は、女たちがけなげにも「女子文化」を作り上げていった歴史をたどり、最終的には「女子文化」の枠から出て、メインストリームの文化に迎え入れられることを望み、予見しています。これは全く正当なことのように思えます。しかし、どうして(そして誰に対して)女たちは、かくも「よい子」であることを――「好ましさや善良さ」を――自分の正当性を言うときの担保とし続けなければならないのでしょう。女のセクシュアリティが「正しくない」ことはつねに攻撃の対象であったし、今もそうでありつづけています。本書はこの点、男にとって無害(ないし無意味)な啓蒙であると同時に、同性に対しては抑圧的に働くと筆者は考えますが、その検討はもっと先へ行ってすることになるでしょう。

 前置きが長くなりました。次回、仕切り直します。


(註)《「血と薔薇」宣言はその名のとおり、宣言文[マニフェスト]スタイルで書かれているが、「宣言文」とは政治的活動手段のひとつである。それゆえ、男性が自らの肉体を晒け出すグラビア〈男の死〉も、キワモノすれすれの見かけとはうらはらに、真剣な政治行動の一環であったと理解できるだろう。》(『密やかな教育』122ページ、強調は引用者) 
[PR]
by kaoruSZ | 2009-09-18 00:53 | 密やかな教育 | Comments(9)
 拙稿「〈あたしは腐女子[クィア]」だと思われてもいいのよ〉――男性のホモエロティックな表象と女性主体(下)」の載った、web評論誌「コーラ」http://sakura.canvas.ne.jp/spr/lunakb/index.html最新号が間もなく出ます。

 そこでもちょっと触れていますが、石田美紀著『密やかな教育 〈やおい・ボーイズラブ〉前史』(洛北出版)について批評するはずだったのがまた延びて、次回の宿題となっています。同書は、竹宮恵子らによる新しい少女マンガが七十年代に登場した背景、中島梓/栗本薫の活動、雑誌JUNEの果たした役割等を、関係者の証言を同時代の社会的、文化的状況にからめて記述しようとした試みですが、残念ながら「社会的、文化的状況」に関して、基本的な事実誤認が多過ぎます。そこを押えておかないことには、全体についての批判もできませんので、次の「コーラ」(本年12月発行)が出るまでに、同書の関連トピックをシリーズとして取り上げることにしました。話があちこち飛ぶかもしれませんが、おつき合いいただければ幸いです。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 セクシュアリティと生殖機能を分離してみたらどうなるか。いったい何になるのだろう。こういった考えは六〇年代にすでに盛んになっていたことで、この分野の開発に関する僕のオリジナリティを主張することはできないんだ。以前にノーマン・ブラウンの『ライフ・アゲインスト・デス』という本を読んだことがある。その中で彼は、幼児性欲があらゆる倒錯的傾向を発現しやすいというフロイト理論について語っている。生殖とは関係のない、性器に集中しない分散したセクシュアリティのことなんだ。体中に遍在した、抑圧されていないセクシュアリティだ。

 こう語っているのは、カナダの映画監督デイヴィッド・クローネンバーグです(クリス・ロドリー編/菊池淳子訳『クローネンバーグ オン クローネンバーグ』フィルムアート社、1992年)。ここで『ライフ・アゲインスト・デス』と表記されているのは、周知のとおり、日本でも1970年に『エロスとタナトス』という題で翻訳の出た本で、訳者の秋山さと子は、あとがきで次のように書いています。「訳者は精神分析学の中でもユング派に属する考えを持つものであるが、それにもかかわらず本書を日本に紹介する決意をした理由は、一つには現在世界各国で常識となっているフロイト及び精神分析学的な思潮が日本ではまだあまり知られることなく、特にフロイトに関しては、かなりの誤解がなされていることを悲しむとともに、臨床の分野においてのみならず、より広く一つの思潮としてのフロイトの紹介を試みたいと考えていたことがあり(…)ユング心理学に関しても、もう一度フロイトにまで戻って考えなおす必要性を痛感していたことにもよる」。
 フロイトについて「かなりの誤解がなされている」のは今もたいして変わらないかもしれませんが、フロイトに戻ると言っても、この頃は、ラカンなどまだ影も形もなかったのです。

“Life against Death”は1959年の出版で、著者のノーマン・ブラウンは古典学者、『エロスとタナトス』というタイトルはフランス語版の訳題です。秋山さと子によれば、これは「訳者がヨーロッパに滞在中[鈴木注、64-68年]は主としてこの題名の下に話題になっていたことから」採用されたもので、「アメリカにおけるベスト・セラーの一つとして、各国語に翻訳され、ヨーロッパでも知識人の間に大きな波紋を巻き起こした」とのことです。なるほど、クローネンバーグが読んでいても不思議はありません。

 この本を日本においていちはやく紹介したのが、われらが澁澤龍彦です(もちろんフランス語で読んだのでしょう)。と言っても、澁澤のことですから、「以下の所論は、このブラウン氏の見解と私の空想をごちゃまぜにして、自由に展開した勝手気ままなエッセイであり、もとより心理学でもなければ哲学でもなく、まあ、私自身の信仰告白を裏づけるための、一種の文学的覚えがきであると御承知おき願いたい」とことわっています。「ホモ・エロティクス ナルシシズムと死について」と題されたエッセイが雑誌「展望」に載ったのは1966年、私は後年『澁澤龍彦集成』で読みましたが、単行本『ホモ・エロティクス』も一度書店で見かけたことがあります。函から途中まで引き出して、「ワイン色の別珍」(と『澁澤龍彦全集』には外観が記されています)の表紙の感触をしばらく楽しんだあと、もとどおり函に収めて棚に戻しました(高かったのです)。
 余談ですが、前回の「コーラ」拙稿で澁澤の本について言及し、「黒ビロードの装幀」と書いたとき、念頭にあったのはあの表紙でした。『全集』の記述を見る前で、黒でないのは承知していたのですが、何となくそう書いてしまいました。澁澤のエッセイに夢中だったくせに、『エロスとタナトス』(もちろん日本語です)を手に入れて読んだときには、この元ネタがあればもう澁澤はいらないと思ったものです。まだ二十歳そこそこで生意気だったのでしょう。

 閑話休題。長々と『エロスとタナトス』について説明してきたのは、澁澤が責任編集者だった雑誌『血と薔薇』(68-69)について、『密やかな教育』においては、「『血と薔薇』がヨーロッパ起源の官能に傾倒したのは、第二次大戦後、政治・経済・社会・文化のあらゆる領域において日本に絶大な影響を及ぼすアメリカに抵抗するためであったからである」(124)という珍説が展開されていたからです。その証拠として著者が挙げるのは、『血と薔薇』復刻版のリーフレットに載った種村季弘の言葉です。

  アメリカ的なセックスの解放というと、どこか青年期の成長幻想のようなものが匂いますね。アメリカはもともと万年ユースフェティッシュ(青春崇拝)の国だから。「血と薔薇」のほうはしかし成長を拒否したとはいわぬまでも、それとは無縁の、いわば永遠の少年の世界、もっといえば子供の多形倒錯(フロイト)の世界を夢見ていたのだと思います。

 これを引いて著者は、「種村がいう、『血と薔薇』が求めたアメリカ的なセックスの解放に対するオルタナティヴとは、すでにみてきたとおり、ヨーロッパの官能であったといえるだろう」と述べています。「すでにみてきたとおり」に相当する部分はたいして長くないのですが、そこで著者は、「同誌に集った男性知識人・芸術家が異議申し立ての一環として実践する「エロティシズム」の源は、日本でも、アメリカでも、アジアでもなく、ヨーロッパであった」(122)として、『血と薔薇』「創刊号のラインナップ」が、ポール・デルヴォー、アンドレ・ピエール・ド・マンディアルグ、澁澤の「苦痛と快楽 拷問について」、種村季弘の「吸血鬼幻想」、塚本邦雄の「悦楽園園丁辞典」等であったことを挙げ、「いずれも、エロスとタナトス、そしてグロテスクが混交するヨーロッパ起源の、あるいはヨーロッパにまつわる作品群である」としています。

 なぜ、「日本でも、アメリカでも、アジアでもなく、ヨーロッパであった」であって、「アフリカでも、モルジブでも、オセアニアでも、アラスカでも、マダガスカルでも、ボツワナでも、コートジヴォワールでも、モーリタニアでも、セネガルでも、ラップランドでもなく、ヨーロッパであった」でないのか、とまぜっかえすのはやめておきましょう。エドワード・サイデンスティッカーは、フランスかぶれの日本人による、日本的なものを「源」としない軽薄な実践が気にさわったようで、カタカナ語だらけで「フランス的なものが多すぎる」と『血と薔薇』を批判し、返礼として澁澤に、そのカタカナ名前を「災翁」呼ばわりされた愉快な文章を書かれています(「土着の「薔薇」を探る」)。その彼でさえ、そうやってアメリカに抵抗しているなどという解釈を聞かされたら、笑い転げたことでしょう。

「創刊号のラインナップ」に関して言うなら、カタカナ名前はともかく、この掲載に端を発して本となった種村の『吸血鬼幻想』を見れば、フィルモグラフィーにはアメリカ製吸血鬼映画(メキシコ製も目立ちます)が並んでいますし、日本の古典にも通暁する塚本は、ヨーロッパのみならず古今東西の文学を自在に逍遥しているはずです。澁澤のエッセイにしても、拷問と性愛の形式的類似を述べた内容ですから、特にヨーロッパ起源というわけでもなく、むしろ、日本の少女マンガ家らが、少年マンガの拷問シーンの思い出――ありていに言えば萌えの記憶――について語っていたことを思い出させます。ああいうのはどこかに記録されているのでしょうか。そのあたりを文章に起こし、澁澤のエッセイなど参考にしつつ本書で論じてくれていれば、さぞかし興味深い資料になったろうにと惜しまれます。「エロティシズム」が日本起源でないことだけは確かですが、アメリカ対「官能のヨーロッパ」という対立も存在しません。前もって作っておいた枠組みで彼らの仕事を裁断しないかぎりは。

 そして、種村の、「成長を拒否したとはいわぬまでも、それとは無縁の、いわば永遠の少年の世界、もっといえば子供の多形倒錯(フロイト)の世界 」 という言葉が指すものも、 アメリカと対立する「官能のヨーロッパ」などではなく、具体的にブラウンの『エロスとタナトス』であり、それにもとづく「ホモ・エロティクス」に代表される澁澤の思想です。種村自身、吸血鬼について書きながら、同じようなこと(生殖から切り離された性とエロティシズムの探求)をやっていたのであり、親しい仲間として、そのあたり、非常によくわかっていたはずです。「アメリカ的なセックスの解放」を種村が引き合いに出したのは、不案内な人にもイメージしやすくするための配慮でしょう。それを著者は、「アメリカがヨーロッパに対立させられている」と思ってしまったのですね。

 けれども、ここで「アメリカ的なセックスの解放」に対立するのは、最初に引用したクローネンバーグの言葉にもあるような、生殖を目的として組織された性器中心主義的セクシュアリティのオルタナティヴとして想定されたもののことです。それを「アメリカ的」と呼ぶのは、たしかにアメリカをバカにするものかもしれませんが、これは都会人が地方出身者を「田舎者」と呼ぶようなもの、アメリカへの「抵抗」というのは全くの的外れです。なお、ノーマン・O・ブラウンはメキシコ生まれのアメリカ人です。
[PR]
by kaoruSZ | 2009-08-15 15:23 | 密やかな教育 | Comments(4)