おわぁ、寝てるだけです 本館探さないでくなさい/ブログ主 鈴木薫の他に間借人の文章「tatarskiyの部屋」シリーズも掲載しています

by kaoruSZ

<   2005年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

レトロ

 新田ビルが壊されるそうだ。電車の中で人の読んでいた東京新聞で知った。記事の中に大きな「レ」の字が見え、何だろうと目をこらしたら、右横へ「トロ」と続いていた(レよりも薄い字体になっていたので最初は読みとれなかったのだ)。

 夕方、勤め先の図書館で、銀座のレトロな建物また消えるという記事をチェックする。ついでに他の記事も読み、新聞購読を続けるのなら、読売をやめて東京新聞にしようかという考えがよぎる。はるかにまともだもの。そのときになって、先日、夕刊の記事で心底あきれたことを思い出した。あれも東京新聞だった。泉鏡花の『高野聖』を連載(!)しているのだが、なんと、新仮名遣いに直してあるのだ。残念ながらとることはありえない。(あるいは、政治的ポジション以上にこれは譲れないかもしれない。)その前は露伴を載せたらしく、そして鏡花と来たから、歴史的仮名遣いによる抗議の手紙も届いたらしい。それに対するコメント——「旧かなファンは確かにいますね」。そういう問題じゃないんだよ、新聞記者くん。そんな書き方など夢にも思わなかった時代に書かれた文章だから直しちゃいけないんだ。私だって、今のように書くときと、何らかの理由で歴史的仮名遣いで書くときでは、どこを仮名にし、どこを漢字にするかが変わってくる。まして、新仮名遣いなんぞ存在しなかった時の文章だ。

 吉田健一の評論に、金井美恵子の『自然の子供』を延々と引用しているのがあった。十九でデビューしまだいくらも書いていなかった金井の小説を、文藝時評か何かでほめたのだ。発表当時は、たぶん新かなで媒体に載ったのだろう。吉田の作品集に入れるとき、当然ながら、全文歴史的仮名遣いになった。もともと吉田健一はそう書いたはずで、元に戻したのに違いない。ところがその際、なんと金井の文章までも歴史的仮名遣いにされていた! それは不思議な眺めだった。もともと私自身が好きだったテクストでもあり、吉田健一がそれをのびのび賞賛しているのは楽しかった。金井の文体ははっきり新かなのそれである。彼女がオリジナルでそう書くことはありえまい。それが旧かなになるというありえない事態は楽しめた。しかし逆はだめだ。

 家で東京新聞を取っていたので『高野聖』を毎夕目にすることになり、いったいこれは何だと思いながら引きつけられてゆく小学生が、あるいはどこかにいるかもしれない。そういう機会をそうした子供に、東京新聞は提供しつつあるのかもしれない。子供の私が、読売に週一回載っていた「私の食物誌」を読みあじわったように。むろん新かなに直されてはいたが、それくらいであの特異さが消えようはずがない。それがはじめて出会った吉田健一だった。私はお菓子を食べるとき、気に入りの文章を同時に読んで快楽を二重にすることは知っていた(だから、私の気に入りのページの谷間にはお菓子の粉がたまっていた)。だが、描き出されたものと描いている文を同時に楽しむことははじめて知った。

 とはいえ、『高野聖』に目を開かれうるような子供なら、それが歴史的仮名遣いのままだったとしても、鏡花と出会い得たであろう。まして子供でないのだから、金を払って新かなの鏡花を日々見せられる筋合いはない。私は「旧かなファン」でもなければ「レトロなビル」が好きなわけでもない。だからこそ、三十年前に惜しげもなく破壊した三菱一号館を今頃復元するだの、そのために現存する丸の内八重洲ビルディングを壊すだのという愚かしい計画には心から怒りを感じるのだ。
[PR]
by kaoruSZ | 2005-01-28 19:50 | 日々 | Comments(4)

宮川淳『引用の織物』

 12月16日付の記事「ヘーゲルや」が、(つづく)のままでした。続きを書こうと思います。二つ前の記事のコメント欄で黒猫さんと回顧談になっていますが、そこに名前の出てきた宮川淳——「ブリコラージュ」という語をはじめて見たのも、思えば彼の文章の中でした(そういえば、文化人類学の研究者Mさんの先生として名前を知った小田亮の著作にも、思いがけなく宮川淳の名が出てきましたっけ)。私が子供のときから使っていた机の抽出には、今でも新聞から切り抜いた『引用の織物』の書評が入っているはずです(実家に置いて出たのを親が勝手に別宅へ運んでしまった机は、抽出の中だけ何十年も時間が止まっています)。ブリコラージュする人(ブリコルール)は、全体的な計画に基づいて材料を集める技師とは異なり、できあいのもの、手近なありあわせのもので創作します。ちぐはぐな断片の総体は、けっして全体へ還元されることがありません。引用することで文学的伝統に回帰するのではない、深さをもたぬ横滑り……。

 手許に切り抜きも『引用の織物』自体もないので、手持ちの語彙でそれらしいことを書いてみました。こうした概念から私が真先に思ったのは、これは〈夢の仕事〉でもあろうということだったかもしれません。つまり、日常の些細な断片(フロイトのいう「昼の残滓」)を元の連関から切り離し(それによって断片化し)、取り込むことで、それらしい見せかけだけの体裁がととのえられる夢の織物。まだ現代詩を知って間もなかったと思いますが、文字列の一部をゴチックにした詩節のあとに、今度はゴチックになった断片ばかりを集めて別の文脈の中へ配置する入澤康夫の作品などは、夢の構造そのもののテクスト化と感じられました(たとえば夢を描写することからどれほどそれが隔たっていることか)。「詩は表現ではない」と断じた入澤が擬-物語詩と呼んだ贋の物語、感じたことを〈素直に〉書くことから最も遠い、ブリコルールとしての夢-詩人による、通常の語の使用とは異なった紙の上の横滑り——。

 前回私は、俳句は連歌から来ており、連歌は和歌から来ている。こうした歴史抜きで俳句は理解できない、あるいは俳句について論じるのは無意味だと一応は言えるだろう。一応、と留保をおくのは《父》に回帰しない読みという、今回の読書会で出たコンセプトとからむ話であり、また、『俳句をつくろう』の前に買った『アウトサイダー・アート』(服部正、光文社新書)から伸びている思考でもある。私の設問は次のようなものだ——「言語藝術にアウトサイダー・アートは存在するか?」と書きました。全体化とは別の原理によって成立するちぐはぐな総体という概念がまさしくこうした問題系に接続しうるものであるのは、たやすく見て取れましょう。たとえばヘンリー・ダーガーの作品など、まさしくブリコラージュと呼んでいいものです。彼は、拾った雑誌などから女の子のイラストレーションを切り抜き、それをもとに、拡大したりトレースしたりして膨大な絵を描きました。はらわたがはみ出す残酷描写と称されるものを展覧会で見ましたが、それは実際には理科の教科書などにもある、あの正面から見た解剖図でした。女の子がどんなポーズを取っていようと、内臓は整然と引用されています。それにしても、それらを挿画とする一万五千ページだかの小説の方はどうしたのでしょう? 画集は出ても、こちらは訳される気配もありません。ダーガーが読書家だったとは聞きませんので、想像するに単調で面白くないのでは?(またつづく)
[PR]
by kaoruSZ | 2005-01-27 14:27 | この分類に含まれるもの | Comments(0)
“Warrior Lovers”を検索しようと思い立ち、21日の記事から文字列をコピー、グーグルの窓にペーストした。検索ボタンを押すと、次の瞬間、正しい綴りが疑問形で提示され、呼び出されたスペル・ミス例がずらりと並ぶ。あらら、拙文が先頭に(ブログってやっぱり検索でトップに来るのか)。erじゃなくorで終るタイプだったんだ、失敗失敗。oと打って投稿しなおす。Worrior。さあ直った。しばらくはキャッシュに残るけど(早く来い来いグーグルの手先)。

 でも、どこか変。最初のoをaに変える。Warrior——そう、これ。これだった。これが正しいという確信は見た目から来る。ダブリューエイアーアーなんとかと覚えているわけじゃない。アルファベットを口で唱えるという、あれはいったいなんなのだろう? 弟の奥さんは英語で育っているので、子供にgayという単語を聞かせたくないとき、ジーエイワイと私に言った。「今のはわかったけど、その、スペリングを言うやつ、子供じゃなくて私がわからないよう」と私。

 今日も仕事中、メール・アドレスを電話で伝えるはめになった。こっちが、(たとえばkaoru@***だとすれば)「ローマ字で、カ オ ル」ときちんと音節で区切って言っているのに、相手は「ケーエーオーアールユーですね」とカエルのような声を出す。いや、カタカナにもなってくれない。あれは全く文字になって浮かばない。たぶん、脳の使っている部分が違うのだ。面倒だから「そうです」と答えることにしているが。

 さて、あらためて検索すると、“Warrior Lovers”は「マンガや映画の勇者・ヒーローにはべる女性像」と訳されていた。(巧みにパラフレーズしたつもりなんだろうねえ。)違うよ(バカ、と付け足したいのをおさえる)。よりによって「はべる」とは……。そこからリンクされたWired Newsの訳も、「戦士を愛する者たち」となっている。おやおや。戦士どうしが愛し合うって発想がないのかな。(文法的には前者が第一義かもしれないが、でも、l'education sentimental だって、文法的にはsentimentalなeducationなのが、sentimentのeducationを意味するようになったのだ。)スパルタの兵士を考えてもらえばいいんだが。ただし、対等な関係の恋人を女が求めてのことだという解釈では、対等よりも主従関係の方がなぜ魅力的かというのは解けまい(夫なんぞを主人と呼ぶからそういう感覚が摩滅するのかしらん)。

 なお、21日の記事で、オクリさんの『』内の台詞は、ある種のゲイ・フレンドリーなストレート女を想定した口真似であり、映画『ハッシュ』にそういう台詞があるわけではない。念のため。

【註】もちろん、タイトルしか情報がない場合、誤訳は避け難い。原文の中に卒然と混じっていた場合、T.E. Lawrenceの“The Mint”を『ハッカ』と訳そうが、“The Lost Language of Cranes”を『失われた鶴の言葉』と訳そうが、バカとは言われまい(クレーンより鶴の方がまだ言葉に縁がありそうだ)。すでに知られた作品の場合はその限りではない——どこまでが常識的な線かは難しい話だが。「オペラ座の一夜」と原文に忠実に訳したのが、マルクス兄弟を知らずにバルトを訳すな、と罵倒されるという事態も起こりうる。
 しかし、今回の場合、邦訳書の紹介ページであり、原書のAmazonのレヴューにリンクされてもいるページで、しかも、「マンガや映画の」とあるから内容を全く参照していないわけではないのだろうに、こう「訳」したのは理解できない(Wired Newsの方は二次的な記事だからまだしも)。
 以上もまた、念のための追記。これを読むすべての人がリンク先を参照するわけではないと思うので。
[PR]
by kaoruSZ | 2005-01-25 20:24 | 日々 | Comments(0)

まだお正月(註1)

 元旦(註2)以来、冬眠していました。そろそろ動き出します。

 寝方が悪かったらしく、首も肩も腰も痛いので、昨日の帰り(冬眠中のまま4日から出勤していた)、肩凝り・腰痛の効能書きのあるクナイプバスソルト「杜松」を買った。明日の土曜日、暖かい昼間に入ろう……。

 以下、近いうちに書きたい記事の予定(あくまで予定)。

1)笹沼朋子「憲法二四条によるラジカルな解放論の試み セックス至上主義
 の家族制度に対する批判的検討」(「インパクション」144号、特集=憲法
 という「戦場」)について。16日に「チーム家庭崩壊」の集まり(最後の方
 だけ出た)で使ったテクスト。
2)「女だけが読む「ポルノ」の秘密」という、ひどい題とひどい装幀としょ
 うもない訳者(英語力について言うわけではない)で邦訳された〈スラッ
 シュ〉[やおい]論、“Warrior Lovers”について。
3)Love Piece Club サイト内の文章は多過ぎて読み切れていないのだけれ
 ど、今回はじめて知った映画批評コラム「オクリと! マンコの! これ
 を見なさい!!」について。昨日、小津の『晩春』の巻を読んで、すごい!
 と思い、今日、『ハッシュ』と『風と共に去りぬ』を読んだ。

『ハッシュ』って、ゲイのカップルの子供を女が産んで家族になるという話で見る気しなかったんだが、やっぱりこういうふうだったのか。

オクリ 「『女どうしだと戦っちゃうけどぉ、ゲイの男の子とは戦わないです
   むしぃ』」
マンコ「バッカじゃないの?!」

 直接関係ない、偶然だけど、さっき目を通した夕刊の記事。フェミをけなして林真理子を持ち上げるなんて、ゲイ・ライター伏見某はどうなっちゃってるの?(Love Pieceの北原みのりさんの記事にも出てきたし、何となく知ってはいるけど)。 林真理子の笑いなんて、オクリとマンコが例に挙げてる長井秀和(「まちがいない!」)程度のものでしょ。林真理子ってこういうとき便利に使われる道具になったのか?

********************************
註1 正月=一月だから。

註2 元旦と言えば二年ばかり前、当時七つだった甥に、「一月一日だけしか使えない言葉があるの知ってる?」ときかれた。

 ちょっと考え、

  今日は一月一日だ。

と答えたら、しばし固まっていた。
私「どーだ。一月一日にしか使えないだろー」
甥「うん……」
 せっかく、私が知らないであろう「元旦」という言葉を教えてくれようとしたのにね。
 二日以降の年賀状に元旦と書こうとして、四つ上の姪に、「元旦という言葉は、一月一日しか使えないんだよ!」とさも馬鹿にしたように言われたのが目に見えるようだった。(一月一日のなかでも朝だけを言うんだよと、姉ちゃんの知らないであろうことを教えてやったが忘れたろうね。)
[PR]
by kaoruSZ | 2005-01-21 19:33 | 日々 | Comments(13)

2004年12月新作

b0028100_10291997.jpg孔明華物語シリーズ
⑥のちのおもひに——三國志遺文小説集2 
B5判2段組50頁 300円 
【内容】「雪柳」「鬼蓮 上」の二篇

過去の出版物については「カテゴリ」欄の「売り物『孔明華物語』」をクリックするとまとめてご覧になれます。

通信販売いたします。dokushokai@hotmail.comへお問合せ下さい。

【追記】「雪柳」「鬼蓮 上」については、チラシに載せた内容紹介がうまく書けなかったのでここには再録しません。組み合せだけでも御紹介しましょう。

「雪柳」(起こる順)朱蘭×梨郎、梨郎×朱蘭(??!)、朱蘭×孔明、魏延×孔明、朱蘭×梨郎。(過去には)周瑜×孔明、魏延×朱蘭、姜維×孔明。  

「鬼蓮 上」 出てくるのは(けものを覗けば)、魏延と、鬼蓮が茂る沼に囲まれた館に住む、孔明そっくりの魔性の女だけです。組み合せは……説明できません! 魏延がたいへんなことになっているところで「上」は終ります。

 下がオニバスの花。これは葛飾の水元公園で撮ったものだそうで、水元公園なら、子供の頃、親に連れられて行き、アメリカザリガニやオタマジャクシをたくさん取ったことがあります。ザリガニは容器の中でとも食い、おたまは、元気に育って、庭にあった小さな池がカエルだらけになりました。オニバスは見たことがないので、夏になったら行こうと思います(その頃には魏延をなんとかしてやれるでしょう)。

b0028100_10334011.jpg


●年末にはメールマガジン&ウェブマガジン【カルチャー・レヴュー】に「地上はまだ思い出ではない——浜野佐知監督『百合祭』」(「映画館の日々」第5回)を書きました。
「カテゴリ」欄の「寄稿先へのリンク」及びリンク欄 “Chat Noir Cafe”ロゴからも飛べます。
[PR]
by kaoruSZ | 2005-01-04 09:26 | ◆売り物「孔明華物語」他 | Comments(0)