おわぁ、寝てるだけです 本館探さないでくなさい/ブログ主 鈴木薫の他に間借人の文章「tatarskiyの部屋」シリーズも掲載しています

by kaoruSZ

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

拙稿「私たちは表象の横奪論をほってはおかない」http://sakura.canvas.ne.jp/spr/lunakb/eiga-4.html
のうち、第二章の次の部分を以下のように訂正します(ゴチック部分を追加)。

・Aさんの言う“リベラル系の男性ブロガーが彼であると知ったときは信じられない思いだったし(後略)

・Aさんの言う“リベラル系の男性ブロガーの一人が彼であると知ったときは信じられない思いだったし(後略)

 順に説明します。第一章で、私は友人のAさんからの、次のメールを引用しました。

《(前略)どうも「腐女子」という単語が一人歩きして属人的なレッテルになる
につれて、この人にはまったく関係無いだろうと思っていたような、いわゆるリ
ベラル系の男性ブロガーまで
「腐女子といわれるような連中が、ゲイ男性の人権を省みずに表象暴力を云々」
という様な発言をするようになっているのを見た時には、言うに言われぬ恐怖感
を抱かずにはおれませんでした。》
(引用1)

 ここで言及された“男性ブロガー”の一人(Bさんと呼ぶことにします)については、さらに二章において言及しました。以下にその部分を引きます。

「(略)驚いたことには、〈女〉であることのみじめさに苦しむ哀れな女(註3)が、さらに劣位にあるゲイ(註4)のイメージを消費している、男が自分より劣るとされる女の表象を消費するように、女は下位にいるゲイの男を……などと、どうしたらそんなことが思いつけるのかわからない説明をする人がいるのだった。百姓がエタ非人を蔑むみたいなこの言い方は、これもAさん経由で知ったのだが、やおいにパラノイア的憎悪を抱いているらしいゲイ男性のコメントに対し、ある男性ブロガーがしていたものだ。私もこのブログは知っており、むしろ好感を持っていたので、Aさんの言う“リベラル系の男性ブロガー”の一人が彼であると知ったときは信じられない思いだったし、過去のコメント欄にそういうやりとりを見つけたときは(Aさんは二度と見たくないと言っていたので、私は自分で探し出した)それ以上にショックだった。同性愛は生まれつきだから許してほしいとマジョリティのお情けにすがるに等しい論理で承認を求めるゲイ(男性)がいるように、彼は女の代弁をして、女はそうせざるを得ない状況に置かれているのだから許してほしいと言わんばかりに、そのゲイ男性と「腐女子」の間を取り持っていた……。」(引用2)

 ここで私は、当該ブログ名もURLも明記せず、直接的な引用という形も取りませんでした。5月1日に私はBさんにメールを送り、そのようにした理由を説明するとともに、Aさんの言う“リベラル系の男性ブロガー”がBさん一人であるかのように読めてしまうのは私のミスなので、ブログ上でそれは訂正するつもりだし明記もやむをえないかもしれない旨伝えました。それに対しBさんからは、参照先を書かなかった理由については十分納得できるから、明記せずともよいという返事がありました。

 もう一つ、Bさん(とそのお仲間)にとって気に入らなかったのが、「この人にはまったく関係無いだろうと思っていたような」という部分でした。つまり、やおいに「関係無い」どころではないBさんであるのに、それを知りもしない鈴木やAに勝手なことを言われたと受け取られたのでした。

 しかし、この部分は、やおいについてそのような(ネガティヴな)発言をする可能性があるとは想像もしなかった人が、というほどの意味でAさんは書いているのだろうと、少なくともBさんについては私は読みました。もともと公表を前提としない私信であってみれば、そうした例が具体的に書かれてあったわけではなく(私が原稿を書くにあたって、本人の了承を得た上で引用したのです)、メールを受け取った時点では、そのようなケースが複数あったのだろうとのみ私は理解していました。実際にそれらのサイトを教えてもらったわけではなく、繰り返しになりますがBさんがその一人であるとは思ってもみなかったのです。

 ちなみに、拙稿が公開されてのち、Aさんは、(Bさんではない)「リベラル系の男性ブロガー」二人に、メールの引用部分は貴方のこと(でもある)ので、鈴木の文章をぜひ読んでほしいというメールを送りました。そして一人の方からは、十分に知識がない事柄についてあのような言及をしたのは軽率だったと率直に誤りを認める返事が、そしてもう一人の方からはより深刻な、鈴木の文章にショックを受けわが身を省みているといった趣旨の返事が届いたそうです(ちなみに、彼らの「誤った」知識源は、Bさんがブログのコメント欄でやり取りをしていた相手と同一人物でした)。

 ウェブ上での彼らの発言を目にした時には苦しい思いをするばかりで声を上げられなかったAさんでしたが、その代弁を、あの原稿という形で、どうやら私はいくらかはなしえたようです。また、Aさんも、思い切って話せば理解してもらえるという手ごたえを得られたようで、その意味でもあれを書いてよかったと思っています。

 さて、この二人の“男性ブロガー”の場合は、「よく知らないことについてうっかり発言してしまった」のでしたが、Bさんはやおいについては十二分の知識を持っていて、しかも、あのような発言をしているのですから、同日の談ではまったくありません。

 URLの明記を避ける理由については、察しのいい方はすでにおわかりでしょうし、別に、絶対に明らかにしないというつもりでもないのですが……しかし、今回の拙稿は、Bさんに対する批判に特化したものではありませんし、私があのような形で書くに至った状況を明らかにするためにその発言にも触れたに過ぎないのですから、とりあえずは伏せておくことにします。今後、当該発言を直接問題にする機会(きっとあると思います)には、ブログ名等はむろん明らかにします。

 訂正については以上ですが、この機会に、引用2で問題にしたBさんのコメントについて、どこがおかしいのか簡単に述べておきます。説明しないとわからない人たちがいますので。

彼等は自分と同等
もしくは上の人間には
欲望を感じません
(中略)
明らかな弱者
ゆえ安心して
欲望するのです
自己(おのれ)の
無力感を
はらすために
さらに無力な
者をねじ伏せ
るのです


 Bさんの説による、「やおい」を楽しむ女の欲望のあり方は、ひょっとしてこんな感じなんでしょうか? これだけでも全くリアリティありませんが、さらにBさんは、やおいとは女が男に恥辱を与えるために、自分より劣位の同性愛者のイメージを使うものだと言っています(直接の引用でなくて申し訳ありません(Bさんに対しても)。しかしポイントは外していないはずです)。

 私はつい、「どうしたらそんなことが思いつけるのかわからない」と言ってしまうのですが、Aさんは「この人はなぜそういうことを言うのか」と考える、洞察力に優れた人です。そのAさんの示唆を受けて考えたのが以下のことです。

 コメント欄の相手とは話がまるきり噛み合っていない、Bさんのいわばひとり語りに見えるコメントから、確実にわかることが一つあります。Bさんは「やおい」に関して、「男が(他から)恥辱を与えられる」というのが重要なポイントだと認識しているということです。

 それならばマゾヒズムとの関係で、私もそれがやおいにおける重要なポイントだと考えます。フロイトの論文“The child is being beaten”で、女の子が、(彼女の空想の中で)打たれている=恥辱を与えられているのは男の子だと証言していることともこれはかかわります。

 しかし、表にあらわれた空想の内容が男の子が「恥辱を与えられている」というものであったとしても、それをそのまま「恥辱を与えるため」にしていると解したのでは、「表現」というものについて何も理解していないということになりましょう。

「腐女子」に一般化しての、自らとは切り離しての言及ではなく、自分にとって「やおい」はどのように「恥辱」とかかわるのかを認識した上での発言であったら、それこそ、Bさんにとってもそれ以外の人たちにとっても有益だと思うのですが……。

 ある時私は、ゲイ男性であるCさんから、ポルノを見るノンケの男性(の一部)が画面の女性に同一化している可能性について書いていたのは誰だったっけ、と訊かれました。田崎英明でしょう(以前、Cさん相手にそんな話をしたことがあったのです)。それから山崎カヲル、と私は答えました。

 ゲイポルノで、ゲイがノンケの男をレイプするのがあるんだけと……とCさん。

 ああ、その場合、ゲイがノンケの男に同一化するのね、と私。

 それとも、その場合、ゲイはどっちに同一化すると思う? と訊かれて、そりゃノンケでしょう、と答えたのだったか。ともあれ、私も即座に理解しました。「やおいもそれで説明できると思う」というようなことを言った覚えがあります(あくまで部分的な説明です。念のため)。
 当然のこととして、『直腸は墓場か』のレオ・ベルサー二の名前が出ました。

 Cさんが例に挙げたゲイポルノの場合だと、劣位のゲイ男性が、優位のノンケ男性の表象を使っているわけで(Bさんの、優位、劣位というのに倣って言えば)、劣位の者を使ってポルノが作られるというBさんの説とは相反します。

 やおいにおいて、劣位にある(とされるとBさんが思い込んでいる)ゲイ男性に恥辱を与えることのどこに「萌え」があるというのか。

 そもそも、そこで恥辱を与えている(とBさんが思っている)のは誰なのでしょう?
 
 そしてそのとき、Bさん(“当事者”としての)はどこにいるのか。

 Bさんが何に萌えようと自由ですし(実際、「恥辱」は性的ファンタジーの重要な要素です)、男性であるBさんとやおいの、そのような形式(どのような形式か私は正確に把握しているわけではありません)を取ったかかわりが語られることは有意義であろうと思います。しかし、それをもって、腐女子一般に適用するような、いや、腐女子一般を代弁する(代表して語る)ようなことはつつしんでいただきたいものです。

 まして、(控えめに言って)理不尽極まりないやおい批判者におもねるためにそれをするとは。
 そんなつもりはないとBさんは言うことでしょう。そして、Bさんの意識としては、本当にそうなのでしょう。何の悪気もなく、善意から女性のために発言しているのだと。
 しかし、どう思っているかと、言説が実際にどう機能するかは別のことです。

《「家長が自分の縄張りに属する女の不始末を詫びている」ように見えるし、実際Bさんにはそういう影響力がある。》
 これは件のコメント欄でのBさんの振舞いについての、Aさんの意見です。

 Cさんの言うゲイポルノの例では、なぜ、レイプされる男がノンケとして設定されるのか。
 なぜ、それを楽しむゲイ男性は、セメとして「上位の」ノンケ男性を犯すのではなく、わざわざ自分をノンケと思いなしてウケに同一化するのか。

 話はかように一筋縄では行かないのです。こうしたことがわからなければ、やおいの理解などとうてい覚束ないことでしょう。

 なお、赤字で引用したのは山岸凉子の『緘黙(しじま)の底』において、実の娘に性的虐待をする父親について語られる科白です。「無力な子供」を「無力な者」に変更しました。
[PR]
by kaoruSZ | 2008-05-25 05:34 | ジェンダー/セクシュアリティ | Comments(0)
 来る25日(日)に蒲田で行われる三国志オンリーイベント「交地ニハ絶ツコトナカレ」に参加する友人が、私の無料配布本を置いてくれることになりました。
http://www.youyou.co.jp/only/musou/

D13 サークル名; Westhaven

☆緊急座談会「『鋼鉄三国志』は〈事件〉か?」by 鋼鉄オールキャラクターズ
 内容はweb評論誌「コーラ」3号に掲載したものの再録+αです。
 急遽増刷、製本しましたが、部数がありませんのでお早めに。

 せっかくですので、小説も数冊預けました。あいにく二集を切らしており(来月増刷の見込み)、一、三集のみです。

裏説鋼鉄三国志(各500円) 

☆第一集 紺青の別れ

☆第三集 夏のなごりの薔薇


 スペースの関係で外には出しませんので、売り子にお尋ねください。
 その際、 「ロワジール館別館で見た」 
/とおっしゃって下されば、割引します!
[PR]
by kaoruSZ | 2008-05-22 05:39 | ◆売り物「孔明華物語」他 | Comments(0)

まとめて映画館の日々

5/11(日)『狩人の夜』(シネマヴェーラ渋谷)
 昔、三百人劇場で見た作品が並ぶケイブルホーグ特集。この映画は傑作と聞きつつ未見のままであった。11時から一回だけの上映。前夜飲んでいて(私はビール一杯だが)最終の一本前で帰ったあくる朝であり、必死に急いで五分遅れる。「お立見になりますがよろしいですか」そんな科白久しぶりに聞いた。期限切れの会員証更新してもらいながら、「ずいぶん混んでるんですね」と言うと「ええ、きょうは」という返事。階段に座れたら使うようにと小布団を渡される。ドアから滑り込んだその場所から動きようがないので(その場に坐り込むといやに座高の高い人の蔭になりそうで)、足元に布団を落して手提げだけ置き、レインコートと傘を抱えて立ち見。スクリーンには縞の囚人服の二人。ロバート・ミッチャムをすぐに認めるが、もう一人がピーター・グレイヴズだったとは!(帰宅後知る。)

 これは最前列の席で、視界いっぱいに広がる絵本のような作り物の星空を見上げつつ、その下を舟で行く子供たちの恐怖を味わいながら見るべき映画だ。馬にまたがった殺人鬼に追われる男の子が「あいつ眠らないんだろうか」と呟くけれど、あの旅自体、何日続いたものか観客にもわからない。その先にリリアン・ギッシュが待っているとこっちはあらかじめ知っているからまだいいけど……。二十五日にもう一回やるのだけれど残念ながら行けない。

4/20(日)『妻は告白する』『大悪党』
4/21(月)『白い巨塔』
4/27(日)『「女の小箱」より 夫が見た』『猟人日記』
5/3(土)『眼の壁』『ゼロの焦点』
5/7(水)『影なき声』『黄色い風土』

 以上は新文芸坐「日本推理サスペンス映画大全」にて。『妻は告白する』初見。傑作。別に書くかもしれない。帰宅後ウェブで調べると、公開当時の、女は作られるんじゃない、生まれつき女なのだ、若尾文子を見るとそれがわかるという作家の言葉が引用されていた。デビューボ流行ってたんだ! 一方、増村保造監督自身の、女性を描きたかったんじゃない、人間を描きたかった。男は社会的に愛にのみ生きられないから女を使うんだ(女の表象をということだ)という何とも意識的な言葉あり。溝口の『近松物語』で、陶酔しきった香川京子に対して長谷川一夫が迷いを残すのも同じ。

『大悪党』は二度目で、のんびり楽しむ。同じ列に映画に詳しいらしい男の二人連れ(あまり若くない)がいて、始まる前一人が裏話的なことを解説、上映終了時もう一人が拍手。退席しようとしながら、いかにも昂奮さめやらぬ様子で「うまくやりましたよねえ」とか何とか(映画の登場人物について)話しかけるのを、通路側の席の客、「映画だから」と笑顔でいなす。

『白い巨塔』主人公の死で終るのかとばかり思っていたら、最後まで財前元気いっぱい、この時は原作もまだ連載中で死んでいなかった由。『夫が見た』については以前書いたことがあるが、http://homepage3.nifty.com/luna-sy/re47.html
思えば田宮二郎も、ここでは、『妻は告白する』の若尾文子同様、十年間積み重ねてきた努力(悪業だけど)さえも投げうって、ただ愛のために生きる存在(=女)になってしまっていたわけだ(斎藤綾子の書いている出産ポーズだけでなく)。だからストーリー的には不自然と感じられるのだし、彼のために身を捧げてきた岸田今日子が怒るのも当然だ。『妻は告白する』の若尾文子に対象としての女の恐しさばかり見ている者は「女」にはなれない。

『猟人日記』米国籍だとか二世だとか称して結婚詐欺を働いた男が逮捕されたというニュース、比較的近年に新聞記事で読んだ覚えがあるのだが、あれは人生が藝術を模倣したのか。仲谷昇なら、外国人風のアクセント(しかし平板で全然それっぽくない)で偽装しなくたって、素でいくらでも女の子引っかかるだろうに。それを大真面でやるから、どのレヴェルで反応してよいやらこっちが途惑う。一瞬目をそむけたくなったとしても、何度も出てくるのでよく見ればゴム製のカエルみたいに手動で空気を送っているとしか思えないアレにしても。

 銀巴里で歌う若き日の美輪明宏とか、昔の東京都美術館の正面(一瞬だけど)とか映る。たまたま、これを見る数日前、母の古い編物の本を開いて、グラビアページに、色違いの編み込みセーターを着て手をつなぐ仲谷と岸田今日子を見たところだった。帰宅して調べて出演者の中に中尾彬の名を見つける。どこに出ていたのか? どう考えてもあそこしかない。やっぱりあそこだろう。知らなかったら絶対わからない。

『眼の壁』寝不足のため途中で眠ってしまい、目をさましたときは終盤で、ホラーになっていた。手形詐欺をやったのが渡辺文雄だとは気がつかなかった(若過ぎて)。

『ゼロの焦点』失踪した新婚間もない夫を捜して金沢へ行く久我美子の乗る列車の窓にまず雪が見えてきて、次に海沿いを走る列車を縦に、外の低い位置からとらえるキャメラが素晴しい。「社命ですから」と彼女に行き届いた態度で接するにこやかな夫の同僚が穂積隆信とは(またしても)若過ぎてわからなかった。有馬稲子の愛らしさに驚く。

『影なき声』南田洋子は昔のグラビアで見ているので若さには驚かないが、ここまで若い二谷英明を見たのははじめて。わけのわからない映画を作る、とは言われなかった頃の鈴木清順の作だが、無駄なショットが一つもない。手堅くストーリーも語ってはいるんだけど、それだけではなく、スクリーンに映っているものすべてに納得できるのだ。ワイドスクリーンをキャメラは好んで横移動し、肝心なところでは縦の構図でキメる。被害者のズボンの裾に石炭の粉が入っていたという話から、殺害現場が「田端の貯炭場」と判明し、田端で蒸気機関車が煙を噴き上げているという展開は予想がつかなかった。そうか、あのあたりで石炭を積み込んだりしていたのか。中野刑務所とおぼしき塀が一瞬映る。被疑者の一人が味噌・醤油店の主人で、味噌樽が床に並び、醤油の壜が壁を覆う店内が映り、今はこういう店はなくなったと思った人も多かろうが、この翌日私はそういう店でお味噌を買っていたのだった(おかみさんが最初出てきたのに、あとから主人が私を見つけて「**さんのお嬢さん」と紹介したものだから、二人から(また)うちの親の思い出話をされる)。味噌、今度値上がりするそうだ。

『黄色い風土』チラシには東映としかなかったが、冒頭、ニュー東映という文字とともに、おなじみ三角マークではあるが波が打ち寄せるんじゃなくて火山が爆発するオープニングが出たので(あとで調べたが、長続きしなかったらしい)、ラドンが飛び出しても驚かない気分に。『影なき声』の横移動がよかったので、やはりワイドスクリーンのこれはどうかなと思いつつ見ていたが、横移動もするけれど、低い位置から仰角で撮るのと、顔のアップが目立つ。のほほんとした鶴田浩二。上司の丹波哲郎が無駄にカッコいい。

 若い佐久間良子も楽しみだったのだが、お人形さんであった(そういう役)。ずーっと科白のないまま、いつもパーティに行くような恰好で要所要所に現われる謎の女。冒頭、東京駅から出る、「新婚列車と言われている」列車に鶴田浩二が乗り込むが、うっかり新幹線かと思ってしまった。着いた先は熱海(そうか、そういう時代だったんだ。私の両親も熱海へ行ったという。お金がなくて日帰りで)。佐久間良子がなんで鶴田に惚れ込んだのかわからない。途中寝てしまったのでそのあいだに何かあったのかもしれないがたぶんそういうことはあるまい。彼女の兄が〝ラスボス〟として自衛隊の演習場で鶴田と対決するあたりになるともう何の映画かわからない。いつものカッコでふらふらと兄を気づかう佐久間が走ってくるあたりでは笑いたくなる。砲撃の中、兄は手首を吹っ飛ばされ、妹は倒れ伏して鶴田に抱き上げられ、外傷はないようだけど死んだのかも知れず、そのまま二人の世界で終ってしまうのでやっぱり何の映画かわからない。ラドンが出てきても驚かなかったと思う。

 昨十一日はシネマヴェーラで『恐怖省』と『真珠湾攻撃』も見た。これは次回に。
[PR]
by kaoruSZ | 2008-05-12 11:01 | 日々 | Comments(0)